2010年09月22日

小牧支部30周年記念事業

9月18日(土)午後1時より小牧コミュニティホールで行われました。

佐藤会長をはじめとする本会役員、そして各支部の皆様に多数参加いただきましたことを御礼申し上げます。

第1部は一般市民にも参加いただいた講演会。

医師、日置千広氏による「建築と健康〜アトピー性疾患などを例として病気にならない家つくりを考えてみる〜」では、化学物質がアレルギーを引き起こすだけではなく、スギ花粉など自然物質によるアレルギーの原因となっていることなど、環境問題にもつながるお話でした。

音楽家、草川幸雄(写真)による「建築と芸術〜教会から表参道ヒルズへ〜」は、弦楽四重奏の「名古屋アンサンブル ソナーレ」の演奏を交え、バッハ等の教会音楽から現代の音楽ホールに至る建築と音楽の関わりについて、映像や動画も使ってお話をいただきました。

DSC_0007.JPG

第2部の式典は、中野小牧市長、山田小牧市議会議長、愛知建築士会の佐藤会長ほかの来賓を迎え、本会役員、県内他支部の支部長をはじめとするメンバーと、小牧支部会員、賛助会員約30名が出席して行われました。

DSC_0021.JPG

第3部の懇親会でもアトラクションとして「名古屋アンサンブル ソナーレ」の演奏が行われました。会場内では、天野、山下両県会議員をはじめとする来賓や本会および各支部のメンバーと支部会員との懇談が弾み、大いに盛り上がりました。

DSC_0069.JPG



posted by koho-yoshida at 16:20| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。